新型コロナウイルス感染拡大に伴い発令された緊急事態宣言による緊急事態措置が解除されましたが、依然として感染が持続しております。当院では国、都の方針に合わせて対応していきますので今後ともよろしくお願い致します。地域の皆様の健康と幸せが守られるように質の高い医療を提供し皆様をサポートして参ります。診療の注意点について以下にまとめさせて頂きました。詳細については東京都福祉保健局ホームページもご参照下さい。

 

★新型コロナウイルスに関する一般的な情報を知りたい方は

●厚生労働省の電話相談窓口 0120-565653(フリーダイヤル)
 受付時間 9:00-21:00
●東京都新型コロナコールセンター 0570-550-571
 受付時間 9:00-21:00(土日祝を含む)
●立川市新型コロナコールセンター 042-523-2111
 受付時間 9:00-17:00(土日祝を含む)

 

★感染が疑わしい方は

●最寄りの保健所 042-524-5171(立川市、東大和市、昭島市)
 受付時間 9:00-17:00(平日のみ)
●都・特別区・八王子市・町田市合同相談センター 03-5320-4592
 受付時間 17:00-翌9:00(土日祝は終日)

 

★よくわからない方や当院かかりつけの方は

●事前連絡の上で当院を受診し、検査が必要な場合は適切な施設へ紹介

 

★相談(検査)基準

●健常人、小児 呼吸苦、強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合や比較的軽い風邪症状が持続している場合
●高齢者、基礎疾患あり、妊婦、透析患者 比較的軽い風邪症状がある場合

 

★新型コロナウイルス検査希望の方は

まずは上記の保健所、もしくは相談センターに連絡をして下さい。その際に必要と判断された場合に可能になります。もしくは、当院を受診した際に必要と判断された場合に検査可能施設に紹介させて頂きます。当院では検査できないことをご理解下さい。また、紹介先の施設でも必要と判断された場合にのみ検査されますので、必ずしも検査可能とは限らないことをご理解下さい。

 

★院内トリアージ

当院では、可能な範囲での基本的な感染防御策をさせて頂いております。外での待機、換気やアルコール消毒などを随時させて頂きますことをご理解・ご協力お願い致します。
特に、新型コロナウイルス感染を疑う方の診察の際には防護服・フェイスシールド・手袋の着用や、スタッフ・他患者様との接触を避けるために外(自家用車内等)での待機をお願いすることもございます。場合よっては裏口より入って頂くこともございます。そのような対応をした際に、トリアージ加算を取らせて頂くことがございますことをご容赦下さい。

 

★電話の対応での処方箋発行について

慢性疾患で当院にすでに複数回の定期受診をしている方に限っては可能です。原則は患者様の体調などの確認が必要ですので対面での診察が必要ですが、感染が心配な方は事前に電話でご相談下さい。なお、お支払いに関しては後日未収金として徴収させて頂きます。

※平素とは違う症状がある方の電話のみでの対応は患者様の不利益になりかねないので対面での診察をさせて頂きますのでご理解よろしくお願い致します。

 

★初診患者様への電話予約のお願い

受診の際の他患者様との接触機会を減らしたり、在院時間の短縮をしたりすることを目的に初診患者様に対して受診前に電話予約をさせて頂きたいと思います。事前に電話にて症状に合わせて予約患者様が少ない日時への予約や、感染が疑われる方に関しては場合によっては診療時間外への予約をさせて頂きたいと思います。

その際に以下の問診票を事前にダウンロードして頂き、必要事項を記載して頂ければ在院時間の短縮になり得ますので、ご利用下さい。

こちら→初診時問診票

※こちらは強制ではありませんので、事前連絡なく受診して頂いても構いません。その際は予約患者様が優先になりますことをご容赦下さい。その際に感染予防のため車内もしくはクリニック外にて待機して頂き、電話にて問診をすることもありますのでご理解下さい。混雑時は別の時間に改めてご来院頂くこともありますのでご理解下さい。
※なお、感染予防の為、通常診療の日でも予約患者がいない場合は早めに閉める場合がございますので、受診の際には事前に電話にてご確認下さい。

 

★初診患者様の電話等での受診・処方に関して

当院に定期受診していない新規の方で電話での受診と処方をご希望の方は以下の注意点をご理解のもとご連絡下さい。ただ、当院としては患者様の安全と手間などを考慮しますと、対面での診察をお勧めしております。その際にご心配であれば他患者様との接触を避けられる日時への予約を致しますのでご相談下さい。

※保険証は当院へFaxする。(Fax:042-538-1917)

※処方は最大7日間まで。

※支払いは未収金として後日来院して徴収する。

※処方不可能な薬剤がある。

※処方箋は希望する薬局へFax・送付をするので、そこへ直接訪問か連絡する。

※医師の判断で対面での診察を勧めることがある。

※虚偽の申告があった際には通報する。

 

★不安な方へ(日本赤十字社より抜粋)

「ウイルスの次にやってくるもの」
「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」
「感染症流行期にこころの健康を保つために」

 

※これら全てに関しては7月1日現在の状況に合わせたものになりますので、今後の状況に合わせて変更や中止もあり得ることはご理解下さい。